So-net無料ブログ作成
検索選択

■「妻への家路」 日比谷東宝    dimanche 14 mars 2015 [■Cinéma et Musique]

銀座でチャン・イーモウ監督、コン・リー主演の、『妻への家路』を観ました。文化大革命のなかで夫の記憶だけを失う妻をコン・リーが演じています。
言葉のもだす時とは、この映画の感想にこそ使う言葉でしょう。少し歩きたくなります。

「銀座でチャン・イーモウ監督、コン・リー主演の、『妻への家路』を観ました。文化大革命のなかで夫の記憶だけを失う妻をコン・リーが演じています。<br>言葉のもだす時とは、この映画の感想にこそ使う言葉でしょう。少し歩きたくなります。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0